住宅の欠陥に悩まされてしまったら【早急な改装で家進化】

耐久性を

室内の中で一番傷みやすい床をまもる

以前はそれほどでもありませんでしたが、現在ではマンションを購入の際、オプション工事でフローリングのコーティングを薦められるケースが増えている事もあってか、フローリングのコーティングが徐々に浸透してきています。実際、フローリングにコーティングをすると、床に傷がつきにくく新築の雰囲気を維持でき、さらに、水分を床に吸収しずらくするため、特にキッチン周りの汚れも簡単に拭き取れシミになりません。また、ペットのオシッコ臭は大変お悩みの種ですが、この問題もほぼ解決でき、臭いもシミを残すことがありません。その後の維持管理に対しても、掃除がしやすくワックスなどを掛けることが必要ないので、夫婦とも仕事で忙しい家庭や、老夫婦の家庭、ペットを飼っている家庭にも最適なのが人気を集めている理由です。

フローリングのコーティングは早めに取り掛かりましょう

フローリングのコーティングを実施するタイミングは、もちろん、新築で自宅を購入時に施工段階で施工会社の方々の打合せをし、フローリング工事施工後、ワックスを掛けずにコーティングを実施するのが一番最適でありますが、引っ越し前などなら、ワックスは一日程度で剥がす事が出来ます。また、住み始めてからフローリングのコーティングを依頼する場合も、家具の移動や掃除・ワックス剥がし等の関係で数日不便を掛ける事も有りますが、施工する事自体にはまったく問題ありません。さて、コーティングする材質にも大きく分けて数種類あり、それぞれの特性があり価格的にも違いがあり、20年位の耐用年数を持っているものから5年位の製品も有りますので、予算と用途や、再施工が可能なのかを考慮して選ぶ事がよいと思われます。